固定資産税の滞納や延滞アレコレ

固定資産税を延滞や滞納をすると差押えにあう場合がありますのでご注意ください。

借金と固定資産税

   

借金と固定資産税 かなり違う分野のように思えますが、結構綿密につながっています。

借金があれば返済が発生します。
もちろん、余裕の中の借金であれば問題ないのですが、突然収入が減ったりして返済が難しくなったりする場合もあるでしょう。
また、土地や家などの固定資産を担保に借金している場合、固定資産税を滞納したら差し押さえにあう可能性があり、差し押さえになったら、担保としての価値がなくなりますので、借金の即刻返済を求められます。
こうなってしまうと、一度に資金難に陥り、最悪すべてを失ってしまう可能性があります。

その為、固定資産税を納めることは、借金返済と同様に重要な事といえるでしょう。
しかし、ここで問題があります。
土地や家等の固定資産を担保にお金を貸してくれるのは、ほとんどが民間の企業。
一方、固定資産税は、国が管轄となります。

民間企業であれば、担保を没収して競売に掛けたりするよりかは、現金を回収できるように努めます。
しかしながら、国であれば、回収実績に重視をおきますので、未回収であれば、すぐに差し押さえを行い、回収実績の向上に努めることでしょう。

そうです、国相手に話し合いは通じないといえるでしょう。

では、資金難で資金が円滑に回らない場合はどうしたらいいか?
固定資産があるのであれば、それを担保に他に借り入れができないかを検討してみましょう。

 

 - 固定資産税