固定資産税の滞納や延滞アレコレ

固定資産税を延滞や滞納をすると差押えにあう場合がありますのでご注意ください。

固定資産税 滞納による延滞金について

   

固定資産税を滞納した場合、差し押さえ以外でもリスクがあります。

固定資産税を滞納して、差し押さえまではいかなくても、リスクが他にもあります。
そのリスクとは、固定資産税滞納による滞納延滞金です。

固定資産税は税金なので、滞納しすぎると差し押さえが発生します。
差し押さえ前に支払いをしたとしても、滞納による延滞金が発生します。

この延滞金がいくらなのかというと、以前は年14.6%でしたが、税制改正により平成26年1月1日より9.2%に改正されました。
年間に9.2%もの利息です。
銀行にお金を預けても、9.2%も利息がつくことはありません。
なので、支払う事が可能であれば、延滞金が発生する前に支払う事が良いでしょう。
しかしながら、すぐに支払いが不可能であれば、対策を考えなければならないでしょう。

 - 固定資産税